朝(早朝)の勉強は効率的!おススメの教科や習慣化のコツ5つ

朝 勉強

はじめに

本記事では、朝の勉強がもたらす効果や、朝に勉強習慣を身につけるコツを記載しています。

私は小学生から早起きで、部活動の朝練は毎日1番乗りでした。現在でも5時に起き、6時30分〜7時30分の1時間は、毎日勉強しています。

そんな私が感じた、朝の勉強の様々なメリットをご紹介します。

  • 勉強の時間を、朝と夜で悩んでいる方
  • 早起きして勉強に取り組みたい方
  • 朝の勉強をもっと効率的にしたい方

上記に当てはまる方は、本記事の内容が参考になると思います。

勉強は夜よりも朝の方が効率的

月光 月

脳科学者の茂木健一郎氏は、朝の時間を以下のように話しています。

朝目覚めてからの約3時間は、脳が最も効率よく働く「ゴールデンタイム」

朝の脳は前日の記憶がリセットされるため、新しい記憶を収納したり、創造性を発揮することに適した状態になる

引用元:茂木健一郎「脳科学者が勧める「朝時間」の使い方

朝の勉強は集中力が高まることや、周囲の環境も穏やかなことからも、個人の生産性を上げやすい時間帯だと言われています。

毎朝5時に起きる私の経験上でも、夜よりも朝の方が新しいアイディアがひらめいたり、勉強の集中力は高まりやすいです。

勉強は朝(朝方)よりも早朝がおススメ

早朝
一般の人が活動を始める前。季節、地域にもよるが「夜明け」からおよそ1~2時間

引用元:時に関する用語(気象庁)

早朝がおススメな理由は大きく2つあります。環境が静かな事と、時間が有効活用できることです。

早朝は朝に比べ、起きている人が少ないので、車の音などの生活音がほとんど無く、勉強により集中できます。

また早朝から連絡をする人はほとんどいないので、着信音やLINEの通知音で勉強の集中が途切れることもありません。

駅構内 混雑

時間の面では、他の人よりも早く通学(通勤)できます。

そうすることで満員電車を避けられます。満員電車は私達が想像している以上に疲労感を伴いますので、それを避けられるだけでも早朝に活動するメリットになります。

家で勉強が難しい方は、他の人よりも早く通学(通勤)して、学校や職場の近くのカフェなどで勉強することをすすめます。

他の人よりも早く起きて、忙しい朝の時間にゆとりを持つことは、心のゆとりにもつながります。

朝(早朝)の勉強習慣を身につけるコツ

毎日の勉強場所は家 or カフェ

勉強場所は静かな環境と、毎日の行動範囲に近い場所が良いです。

集中するためには、ある程度静か場所が望ましいですが、「行くのに1時間もかかる図書館で勉強する」など、毎日の行動範囲から外れると、勉強を習慣的に行えなくなります。

これらのことから、勉強場所は家か通学(通勤)先の近くにあるカフェが良いと思います。

家は移動する必要もほとんどないので、勉強を毎日の行動範囲内で行えます。

喫茶店 コーヒー

カフェは朝早くから空いているところも多く、穏やかに過ごす空間ですので、勉強もはかどります。

個人的におすすめなカフェは、街角にある小さな喫茶店がおすすめです。スターバックスやタリーズ等のチェーン店は人の流れも多く、席が埋まっていることもあります。
勉強に集中したいのであれば、少しコーヒーの値段は高くても、喫茶店に行く価値はあると思います。

逆におすすめできないところは、ハンバーガー屋等のジャンクフードを取り扱っているお店です。人の流れも多く、店内中に油の匂いがするので集中力が途切れてしまいます。

早起き

忙しい朝に勉強するには、早起きは必須です。

早起きが苦手な方は、1日1分ずつでも良いので、少しずつ早起きする習慣をつけていきましょう。

1度に生活リズムを大きく変えてしまうと、体や心の反動も大きくなり、継続できません。

また、早起きするためには、早く寝る習慣もつけましょう。必要な睡眠時間を確保できないと勉強も集中でなくなります。

勉強に効果的な朝食

朝は手軽に必要な栄養素をとれるものが良いです。それは、朝食の準備時間を減らすことと、考える作業を増やさないためです。

集中力の高い時間を、効率良く勉強にあてるために朝はなるべく、手軽に済ましましょう。

コーヒー 勉強

おすすめはコーヒーです。

コーヒーはカフェインの効果で、目覚めをスッキリさせ集中力を高めます。

次に手軽に栄養素がとれるバナナやグラノーラ、そしてヨーグルトなどが挙げられます。

スケジュールをたてる

スケジュールは「◯時に◯◯をする」などの時間割のようなものです。

起床→歯ブラシ→朝食→勉強→身支度 など、まずは行動から書き出します。家を出る時間から逆算して行動に対して時間を決めておくことで、考えることが減り、勉強にも集中しやすくなります。

勉強する内容を決める(計画する)

スケジュールとは違い、勉強する内容を決めておく事も、朝に勉強するコツです。

いざ、机を目の前にした時にスムーズに勉強にとりかかれます。

リズムが良くなると勉強に対するストレスも軽減されます。

反対に内容を決めていないと、そこから悩んでしまい、勉強どころではなくなります。

朝に勉強した方が良い科目(教科)は英語

英語 筆記

朝は英語の勉強をおすすめします。
それはプライミング効果を利用し、英語を日常生活の中で意識(勉強)することができるからです。

プライミング効果とは、先行する刺激(プライマー)の処理が後の刺激(ターゲット)の処理を促進または抑制する効果のことを指す。

引用元:脳科学辞典

ちょっと難しいので具体例で言うと

テレビでお菓子のCMを見たとします。コンビニに行くと、そのお菓子が自然に目にとまり、手を伸ばしていること

特に英語は日常生活の全てに当てはまります。
1日のスタートからプライミング効果を引き出し、日常生活の中で英語を自然と意識(勉強)するようになります。

もちろん、朝に他科目も効率良く勉強できますが、上記のことから、朝に勉強する科目は英語を中心にした方が良いと思います。

小学生(子供)も朝に勉強した方が良い

子供 ままごと

集中力がある

学校終わりは、子供だって疲れています。そんな中、勉強しても集中できず、効率的ではありません。

なので、子供も朝の方が集中して勉強に取り組みやすくなると思います。

早寝早起きが身につく

朝の勉強時間を確保するためには、早寝早起きが必要です。

まずは、生活リズムを親子で一緒に調整して、早寝早起きを定着することから取り組みましょう。

早寝早起きの定着後、その次のステップで勉強習慣をつけることが大切です。

勉強習慣を身につけやすい

朝は、起床→歯ブラシ→朝食→身支度といった1連の流れを無意識に行います。

その1連の流れに勉強を取り入れることが、勉強習慣をつけるポイントです。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

本記事のまとめを以下に記載します

  • 夜よりも朝(特に早朝)が勉強の生産性が上がる
  • 朝に勉強する5つのコツは、場所選び、早起き、朝食の工夫、スケジュール立て、内容決め
  • 朝に勉強する科目は英語がおすすめ

世界的大企業のAppleのCEOであるティム・クック氏やウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOであるロバート・アイガー氏なども早起きであり、朝の時間を勉強などに使っています。

朝の勉強習慣を身につけて、充実した毎日を送りましょう。

本サイトは、テストで100点をとるノウハウは書かれていません。
勉強の大切さや面白さなどを伝える目的に記事を書いています。

もし、参考になりましたら他の記事も見ていただければ嬉しいです。


【時間術】効率のいい勉強法!朝or夜、休憩、習慣化に注目

勉強をルーティン(習慣化)する効果と方法。子供の教育の参考に

効率的な休憩で勉強の集中力UP!方法や時間設定を解説

勉強は夜型派!”眠い”の解消法やおススメの夜食を解説

勉強がはかどる方法を実践!音楽や文房具、部屋作りを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA