【時間術】効率のいい勉強法!朝or夜、休憩、習慣化に注目

勉強時間 時間術

はじめに

本記事では、勉強の”時間”に関する内容をお伝えします。

  • 朝は勉強の「ゴールデンタイム」
  • 夜型の勉強方法
  • 休憩の取りかたで勉強効率が上がる
  • 勉強がはかどる方法
  • 勉強習慣を身につけるだけで効率アップ

時間は無限ではありません。
時間の使い方を知って、勉強の効率を高めましょう。

朝の勉強が効率的な理由

朝 麦畑

脳科学者の茂木健一郎氏は、朝目覚めてからの3時間を「ゴールデンタイム」と言っています。

朝目覚めてからの約3時間は、脳が最も効率よく働く「ゴールデンタイム」

朝の脳は前日の記憶がリセットされるため、新しい記憶を収納したり、創造性を発揮することに適した状態になる

引用元:茂木健一郎「脳科学者が勧める「朝時間」の使い方

朝は周囲の環境音も少ないことや、LINEや電話などの通知が来ないことにより勉強により集中できる時間です。
朝に勉強習慣を身に付けるポイントは早起きとスケジュール立てです。

早起きするためには早寝が必要です。
しかし起きる時間や寝る時間を急に大きく変えてしまうと、体や気持ちのストレスが大きくなってしまい継続ができません。なので1日1分ずつ、または1週間ごとに10分ずつ寝起きの時間を変えて、徐々に体と気持ちを慣らしていきましょう。

スケジュール管理

スケジュールを立てることも大切です。
6時に起き、6時10分に歯ブラシ、6時30分から朝食をとり、勉強を30分間行う。そして7時30分には家を出発といった朝のスケジュールを立てることで、朝の考え事が減り、勉強がさらにはかどります。

朝の勉強を効率的に行いたい、朝に勉強した方が良い科目、子供に朝の勉強習慣を身につけさせたいなど、これらに興味がありましたら以下の記事を参考にしてください。

朝 勉強朝(早朝)の勉強は効率的!おススメの教科や習慣化のコツ5つ

夜型派へのおススメ勉強法

満月

朝の勉強は集中ができるとよく耳にしますが、夜にしか勉強時間がとれない人や、夜が勉強に集中できる人もいると思います。

夜型の人が注意してほしいことは、睡眠時間です。
睡眠を十分にとることで記憶が定着します。夜は時間の制限がないので、どうしても睡眠時間を削って勉強に専念してしまいます。睡眠時間はしっかりと確保するようにしましょう。

あくび 子供

次に夜型の1番の敵は眠気ではないでしょうか。
眠気対策は、短時間の仮眠、勉強の場所や科目を変える、軽い運動、そして諦めて寝る(早起きする)ことです。

他にもおススメの夜食や、夜に行った方が良い勉強科目などを以下の記事に詳しく記載していますので、夜型の方はぜひ参考にしてください。

勉強 夜 月勉強は夜型派!”眠い”の解消法やおススメの夜食を解説

休憩時間をうまく活用する

コーヒータイム

休憩時間を効果的にとれていますか?
休憩のメリットは、長期的な記憶の定着、集中力の維持、作業効率の向上です。

効率の良い休憩方法は、音楽を聴いたり、ストレッチ、仮眠などがあります。音楽を聴いてリラックスし、ストレッチをして血流の循環を改善させ、仮眠をとって脳を休ませましょう。

ついつい勉強に集中しすぎて、休憩時間をとることを忘れがちの人は、携帯のアプリ(Focus To-Do)などを活用して、休憩時間をとる意識をつけましょう。

勉強 休憩効率的な休憩で勉強の集中力UP!方法や時間設定を解説

はかどる方法で勉強を効率化

砂時計

勉強方法を工夫する以外にも、勉強をうまく進めるコツはあります。
場所作りや勉強グッズやアイテム、音楽、食事を工夫するだけで勉強がはかどります。

部屋作りは、模様替えや整理整頓、色選び(青が効果的)、方角を決める(北と東がおススメ)ことを意識すると良いでしょう。

椅子と机

机や椅子の高さを自分サイズに合わせて、より勉強に集中できる環境を作ることも大切です。

音楽は、歌詞がない曲を選びましょう。特にクラシックは気持ちを落ち着かせて、勉強に集中させます。

食べ物はガムやカカオ入りチョコレート、飲み物はコーヒーがおススメです。

勉強がはかどる方法勉強がはかどる方法を実践!音楽や文房具、部屋作りを紹介

勉強を習慣化(ルーティン)させよう

勉強を習慣化するポジティブな効果として以下のことが挙げられます。

習慣 = 少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のこと

習慣になっている動作は、精神的なストレスが少ないということです。

起床→顔を洗う→歯ブラシ→朝食→通学(通勤)などの朝の流れは、毎日習慣的に行っています。このような習慣化された動きは「疲れる」「大変」などのネガティブな感情はわきません。

お絵かき 子供

勉強習慣を身に付けることで、精神的な負担も減らせることが可能です。特に子供の時から勉強習慣を身に付けることが重要とされています。

子供の勉強習慣は、「親が子供をほめる」「一緒に勉強の計画をする」ことが重要です。以下の記事に習慣化のコツを紹介しています。
親御さんだけでなく、勉強を習慣的に行いたい人や、英語の勉強を毎日頑張りたい人にもおススメです。

ノート 勉強勉強をルーティン(習慣化)する効果と方法。子供の教育の参考に

まとめ

本記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

内容を以下にまとめます。

  • 朝目覚めてからの3時間は勉強の「ゴールデンタイム」
  • 十分な睡眠が記憶の定着に関与する(勉強夜型派の人へ)
  • 休憩のメリットは記憶の定着、集中力の維持、作業効率の向上
  • 場所作り、勉強グッズ、音楽、食事の工夫で勉強効率を上げる
  • 勉強習慣を身に付けることで、勉強に対する精神的ストレスが減る

限りある時間を有効活用して、勉強の効率も高めていきましょう。

Twitter(@daruma_oki)でも勉強に関することを投稿しているので、フォローしていただければ嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA